お風呂の掃除はポイントを押さえる

お風呂場は水場でもあるので、日々の掃除をさぼってしまうと途端に汚れてしまう場所でもあります。特にお風呂場の場合、温かく湿っているので油断をするとすぐに赤カビや黒カビが発生し、排水溝もぬめりが生じてしまいます。赤カビの段階できれいにすると黒カビに発展していきません。
赤カビはロドトルラと呼ばれる菌です。この菌の場合一般的なお風呂用洗剤できれいに落とすことができます。床の細かい部分やシャンプーの容器などにつきやすいので、細かい部分はヘッドが小さいブラシで掃除をすることがポイントとなります。
黒カビはしっかり根を張って奥まで入りこむ菌です。通常の洗剤では落とすことはできません。ここまで進んでしまうと塩素系のものでないときれいにすることができず、しかも掃除をする時期をのがしてしまうと奥まで入りこむので塩素系でも落としにくくなります。塩素系のものでカビを取り除く場合は、洗剤をスプレーした後、その部分に食品ラップを貼りつけてしばらく時間を置きます。食品ラップで覆うことで液だれを起こすことがなくなり、しっかり洗剤がカビの中に入りこむことができます。時間を置いた後は、その食品ラップでカビをこすってみましょう。

それでも落ちない汚れには高圧洗浄機を使ってみるのはいかがでしょうか?
高圧洗浄機はホースの先にガンを取り付ければお掃除も楽々になります。
ホースとガンの取り付けが簡単になるカプラーもありますので、誰でも組み立てられますよ!
https://www.total516.jp/products/list?category_id=20
このサイトならいろんなタイプのカプラーが一般向けに安く販売しているので、おすすめです。
なお、塩素系のものは目に刺激を与えるなど体に影響を及ぼすものでもあります。使用をする場合は換気を心がけてください。
お風呂場の汚れでもう一つ目につくのが水垢です。水垢は鏡につきやすく、鏡が白く曇っていることで気が付きます。水垢はブラシでこすっても落ちにくいのが特徴です。本来であれば酸性の洗剤を使用するとスッキリきれいにすることができるのですが、黒カビを取ろうとして塩素系のものを使用している場合は、酸性の洗剤は使用することができません。それぞれの洗剤が反応しあって、毒素を出すためです。黒カビを掃除する日と鏡の水垢を取り除く日は別の日にするようにしましょう。なお、水垢は洗剤を使用しなくてもメラニンスポンジを使用してもスッキリ落とすことができます。