お風呂の掃除を効率よく行うポイントは

お風呂場は温かい場所でカビがすぐに発生してしまいます。赤カビの場合は中性のお風呂用洗剤を使うことによってあまりこすらず落とすことができるのですが、黒カビの場合は塩素系のものでないときれいにすることができません。そして黒カビはできたばかりならば洗剤を使用してきれいにすることができるのですが、時間が経ってしまうと洗剤を使っても落ちず、そのままになってしまうことも多いです。こういったことが起こらないためにはお風呂の掃除を効率よく進めていくことがポイントになってくるのです。
お風呂場でまず洗うのは浴槽の中です。浴槽は中性洗剤でも十分に落とすことができるので、お風呂を使用した日にすぐに洗うと赤カビが生えてきません。そしてぬめりが生じたり髪の毛が詰まりやすかったりする排水溝は、週に1回を目安に塩素系の洗剤を利用してしっかり除菌するようにします。ぬめりは髪の毛や石鹸の泡をえさにして菌が繁殖している状態であるので、塩素系の洗剤を使って菌を取り除くことが大切なのです。髪の毛が抜けやすい秋は、1週間ではなく3日に1度ほど掃除をするとぬめりの原因になりません。
意外と忘れやすいのが取っ手や、壁です。壁の場合模様なのか汚れなのかわからないこともあり、掃除がおろそかになってしまうことが多いです。お風呂場の壁は、石鹸類がはねるなど汚れが意外とついています。そのため自分の腰よりも低い位置を重点に掃除をするようにしてください。掃除をする際は上から下に向かって、洗剤を含ませたスポンジでこすり洗いをしましょう。
掃除のしにくい場所はお風呂場の天井です。届かない部分でもあるのでその都度掃除をするのが難しい箇所でもあります。このような部分はペーパーモップを利用します。ヘッド部分にキッチンペーパーなど乾いているものを装着し、除菌効果のあるアルコールスプレーをしっかり吹き付け、その後天井を拭いていきます。換気扇の付近はほこりが多いので念入りに掃除をするようにします。