お風呂を清潔に保つ掃除のポイント

浴槽に溜めたお湯を再使用して翌日の洗濯時に用いるという方が少なくないため、浴槽の掃除は入浴後から一晩が経過してから行うという方が多いですが、浴槽の掃除においてポイントになるのは湯を抜いてから速やかに着手する事です。
残り湯で洗濯をするという事例では洗濯に追われ、浴槽内が乾ききってしまいやすいので、湯が張っていた表面を中心として頑固な汚れがこびり付きやすくなります。
そのため、浴槽内の掃除をする時には付着している水滴が乾ききる前に速やかに始めるようにし、乾いている様子であればシャワーでお湯をかけてから洗い始めましょう。
また、浴槽内を掃除する際に使用するスプレー式の浴室用洗剤は、腕を縦方向に動かさずに横方向に動かして吹き付けていくと広範囲にわたってまんべんなく吹き付けられます。
浴室用洗剤を浴槽内に吹き付けた後はしばらく待機していると、泡が下方向に下がっていくのと同時に汚れを浮き上がらせていくので、スポンジを使用して軽い力で汚れが除去できるようになります。
そのように使用した後にしばらく待機していれば、軽い力で掃除ができるようになり負担が軽減される事に加え、浴槽の表面上を傷つけずに済みます。
そして、お風呂の中で汚れが付着しやすいのは壁面も例外ではなく、洗い場に近い位置はもちろん浴槽側の最も遠い壁面にも泡やシャワーの飛沫が飛び散っています。
お風呂の壁面は比較的凹凸があるという材質の特性も相まってシャワーをかけるだけでは汚れが落とし切れないため、少なくとも1週間に1度の頻度で浴室用洗剤を直接的に壁面にまんべんなく吹き付けてスポンジで擦るようにしましょう。
同様に床面も1週間に1度はスポンジやブラシを使って隅々に至るまで掃除をするようにすると、ぬめりや水垢による赤みを予防する事ができます。
さらに、水垢による赤みという観点では洗い場の床に存在している排水口は水垢による赤みが生じやすいので、しっかりと水が流れるように髪の毛などは入浴の度に取り除きつつ、排水口用の洗浄剤を原液のままかけると清潔な状態が保てます。