お風呂掃除のポイントは正しい上から下への順番で行うこと

お風呂掃除のポイントは正しい手順であり、鉄則は上からキレイにして下へと進めていくやり方です。最初に浴槽を磨いてタイルにざっとシャワーをかけて終わりのパターンはとても多いですが、綺麗にするべきなのはそこだけではありません。タイルなどの床に水垢が溜まりやすい鏡、壁に毛や石鹸カスも溜まる排水溝も掃除は必要です。

守りたいのは上からのステップなので、壁や鏡を掃除して浴槽を磨き、床をピカピカにして最後に排水溝をキレイにします。順番を守ることは大事であり、掃除をした後で石鹸カスや洗剤が床にそのまま残るのを防ぐことができて効率的です。

たまに磨けばいいやと清掃を怠ると、水分が常にある湿度の高い空間だけに、あっという間にカビが増えてしまいます。毎日の清掃は簡単に済ませて、週に1回は全体的にピカピカにすれば、カビの繁殖を防ぐことができますし、お風呂を使うにしても快適な環境を維持しやすいです。

普段は手を付けない場所の天井ですが、湿気が溜まりやすくてカビも繁殖をします。高い場所なのでそこにカビが繁殖をすると、天井からカビの胞子がふわふわと降ってくるのも問題です。定期的に天井も掃除をするゾーンであり、手早く済ますならカビ取り剤を使いスッキリとさせます。

強力な成分のカビ取り剤なので、素手ではなくゴム手袋をすること、目元の安全確保のためにゴーグルも準備することです。室内換気を必ずしながらであり、柄の長いクイックルワイパーなどを使い、雑巾やスポンジにカビ取り剤を塗布して天井へ塗りこみます。しばらく放置したら洗い流せば、天井のカビもスッキリです。

意外と清掃頻度の低い場所として、蛇口やシャワーヘッドもあります。髪も体も洗い流すためにあるものの、蛇口やシャワーヘッドが汚れていてはいけません。クエン酸水はシャワーヘッドをキレイにするために使うことができるので、クエン酸水とハブラシで磨いて水で流すことで綺麗になります。