キッチンの掃除はここをポイントとしておさえる

キッチンは料理をする場所であり、衛生面に特に気を配らなくてはなりません。そのため掃除もポイントを押さえてしっかり行うことが求められます。
キッチンの掃除のポイントは、シンクの管理とコンロ回りの掃除、冷蔵庫の整理です。様々な食材を入れる冷蔵庫はいつの間にか汚れている場所であるので、定期的に行うようにします。
冷蔵庫の場合、買ってきた食品をそのまま入れることが多いですが、卵に関してはパックから出して卵入れにいれることがあります。ですが卵は意外と細菌がついており、パックから出してしまうとその容器に菌がつき他の食材に影響が出てしまう可能性があります。梅雨時期など食中毒が心配な時期はパックのまま冷蔵庫にしまっておく方が無難です。
冷蔵庫の掃除は1週間に1度が目安になります。買い物をする前日は食材が少なくなっているので、掃除をするチャンスです。棚やプレート類を外してキッチン用の除菌スプレーできれいに拭きとりましょう。意外と調味料を入れる場所も汚れているのでそういった部分も拭き掃除を行います。
冷蔵庫のパッキン部分もほこりや野菜くず、ゴミなどが溜まりやすい場所です。パッキンはごしごし拭かないようにし、ごみを細いものでそっと掻きだすようにして取り出していきます。その後濡らしたキッチンペーパーやキッチン用クリーナーシートで拭くようにします。
最も雑菌が溜まる場所は野菜室です。野菜室は冷蔵庫よりも温度が低いほか、野菜には泥や土がついているものもあります。そして使うのを忘れてしまった野菜から汁が出てトレーを汚してしまっていることもあります。そのため野菜室は念入りに掃除をすることが必要となってきます。だいたい5日に1回は野菜をすべて出してトレーなどを洗剤で洗ったり、ふき取り掃除を行ったりしましょう。野菜を外に出しているのでゆっくりと行うのではなく、ある程度効率よく行うことがポイントとなります。野菜を出す前にどういった順番で行うか考えておくとスムーズにできます。