キッチン周りのお掃除のポイントとは。

キッチンは常に綺麗にしていたい場所ですが、水回りのお掃除は何かと面倒なことが多いので、ついつい作業を溜め込んでしまいがちです。そのため、こまめなお掃除を習慣づけることがポイントです。お掃除を習慣づけるにはどうしたらよいのか?というところですが、まずは便利なアイテムを導入しましょう。
最初におすすめするのが、重曹とクエン酸です。こちらはお掃除アイテムの定番ですね。100円均一でも購入できるので手軽ですが、それぞれの性質を理解して適切に活用することが大切です。まずは重曹です。これはクレンザーの代わりに使用したり鍋の焦げを落としたいときに便利です。水に溶けにくい性質なので、水垢の汚れなどには向いていません。次にクエン酸です。クエン酸は柑橘類にも含まれる成分で、ポット内の白いミネラル汚れやアルカリ洗剤の中和などに向いています。キッチン周りなどの、水回りによくある白くて固い水垢汚れは、このクエン酸を使用することでスムーズに綺麗になりますよ。さらに、この二つの重曹とクエン酸を混ぜると発泡するので、排水溝などの汚れを落とすのに活用できるのです。排水溝に粉末の重曹を直接振りかけた後、水とクエン酸を混ぜたクエン酸水をかけるという手順で行うと発泡しますよ。手の届きにくい部分にまで泡が行き届き、汚れを浮かせてくれます。
こんなアイテムを使って簡単にお掃除するのが良いですね。
そして、お掃除を習慣づける為におすすめなのが、ついで洗いをすることです。
キッチンのシンクは放っておくと水垢が付着して時間とともにどんどん落ちなくなってしまいます。洗い物をするときに、シンクが不衛生なのはやっぱりいやですよね。なので、食器を洗った後一緒にシンクも洗ってしまいましょう。スポンジを用意して食器用洗剤で洗います。毎日続けることで水垢もつきにくくなるので、お手入れもさらに楽になります。仕上げに布巾で水気を拭き取れば完了です。こんな風に気軽にお手入れを続けられれば、いつでもきれいなキッチンを維持できますね。