トイレをきれいに掃除するには?重要なポイントを解説!

トイレ掃除をするときは、いくつかのポイントを押さえておきましょう。もしマットを敷いているなら、まずは外に出して床が露出している状態にしなければなりません、そうすることで溜まっていた埃や汚れを把握できるようになり、拭き掃除の効率が良くなります。もし汚れが気になるところがあったら、洗剤を染み込ませたキッチンペーパーを貼って放置すると良いです。しばらくしたら、キッチンペーパーを剥がして水拭きをして、最後に乾拭きをして仕上げます。これは床だけでなく、壁や収納箱にも使えるテクニックです。
便器を掃除するときはトイレ用のブラシを使用します。大小のブラシを用意しておくことが大事です。小さいブラシがあることで、細かいところの汚れまで落とせるようになります。それらを使って内側の部分を磨き上げていきます。その後はトイレ用のシートを使って拭いていくステップです。ブラシだけでは完全に汚れを取りきれないので、この吹き上げの作業が重要なポイントになります。特に縁の折り返しの部分はブラシだけで除去するのは不可能です。そのため、指にシートをひっかけて擦ることが必須といえます。その後に外側の部分も拭いてください。
便器は最も時間をかける箇所ですが、見栄えを重視するなら付属的なパーツにもこだわりましょう。たとえば、トイレの蓋は使用する際に手で上げるのが一般的です。視界に入りやすいので、汚れていると多くの人が気付きます。したがって、便器を掃除した後にシートで拭いておくのが望ましいです。また、便座も汚れやすいパーツの一つとなっています。表面に関しては蓋と同様に拭くだけで構いません。しかし、裏面に関してはそれだけでは不十分なケースも多いです。尿などの跳ね返りにより、便器の内側と同レベルの汚さであることもよくあります。そのため、冒頭で挙げたキッチンペーパーを使ったテクニックをここでも活用しましょう。汚れ具合に応じて、少し長めに放置しておくことがポイントです。