トイレ掃除は「見えないところ」がポイント!

定期的に掃除しないとすぐに汚れが目立ってしまうのがトイレですが、その掃除のポイントは「見えないところ」にあります。特に注意したいのが、「便器のフチ裏」と「パイプの奥」です。両方、汚れているか直接確認しにくいところですので、視覚に頼ることなく定期的に手入れをすることが必要です。

便器のフチ裏の汚れは、主に水あかや黒ずみです。これは通常のトイレ用洗剤、特にジェルやどろっとしたタイプを直接かけることが有効です。便器の内部を掃除する際に、きちんとフチ裏に届くよう、洗剤のボトルを逆さにして汚れに直接かけることを心がけましょう。洗剤の中には、180度逆さにすることに不向きなタイプもありますので、パッケージなどをよく見て「逆さノズル」などと書かれているものであれば安心です。使い方は簡単で、汚れに直接かけさえすれば、あとは15分なり30分なり、用法の指示通りの時間放置して、あとはこすらずに流すだけです。

パイプの奥については、これは便器のフチ裏以上に確認が不可能なポイントです。そこで、ここは汚れがたまっているかどうかは気にせず、1か月に1回なり期間を決めて定期的に掃除を行いましょう。使用する洗剤は、通常のトイレ用ではなく、「パイプ洗浄」専用の洗剤です。トイレのパイプは、日常的に何を流すかを考えれば分かることですが、日々の汚れが蓄積しやすい場所です。お風呂の髪の毛ヘドロやキッチンの食べ物のつまりを取り除いたり予防するような、パイプ洗浄用の洗剤を用いましょう。使い方としては、便器の中にたまっている水に洗剤を溶かすように、多めに洗剤を投入します。その後、成分がパイプの深いところまで行き渡るよう十分な時間放置した後、通常通り水を流せば良いだけです。

注意が必要なのは、通常の便器掃除と同時に行ってはいけないということです。異なる種類の洗剤を同時に使用すると、効果が薄まったり半減したりしてしまうこともある上に、洗剤の種類がもし酸素系タイプと塩素系タイプの場合は有毒なガスが発生してしまうからです。