上から下へキレイにしていくのがキッチン掃除のポイント

頑固な汚れも付きやすいキッチン掃除のポイントは、高い位置の場所から重点的に行うことです。基本は高い位置から下へと進めることであり、食器棚の中や照明器具など高い位置にあるゾーンは、汚れも蓄積をしやすくなります。見落としやすいのも無理はありませんが、だからこそ重点的に上からキレイにすることで、清潔な状態を維持しやすいです。

清掃時には換気をすることも必要であり、風通しを良くしてニオイも汚れも溜め込まないようにします。その換気を十分にできるように、レンジフードや換気扇の掃除も定期的にすることです。月に一度は取り外し、分解して浸け置きで油汚れを柔らかくして、ブラシで擦ったりして落とすようにします。

調味料をいくつも置きがちですが、ワークトップやコンロ周りには調味料入れや小物など置きすぎないことです。すぐにとれるからとつい置いてしまいますが、油汚れやホコリなどでしつこい汚れが付着をします。清掃をするのも大変ですし、汚れが落ちないことで、さらに掃除への意欲を下げるばかりです。

キャビネットなどキッチンの収納スペースに、調味料入れや調理器具などは収納をして、日々の清掃を楽にすることも大切になります。最も住まいの中で汚れるのがキッチンですから、使ったらすぐにキレイに習慣をつけることです。

水垢汚れも目立ちやすいシンクは、普段からこまめにキレイにしておきます。スポンジを湿らせて台所用洗剤をつけこすり、水をかけて洗剤を流して、乾いた付近で拭き取れば完了です。

念入りに流し台の掃除をする時には、漂白剤溶液を作りふきんに浸して絞り、シンクを磨きます。ふきんを水に浸して絞り、漂白剤を拭き取り、さらに乾いたふきんで拭き取りをするとピカピカです。

水道水をかけて洗浄成分を洗い流しても構いませんが、最後は必ず乾いたふきんで水気をキチンと拭き取ります。しっかりとシンク掃除をする際は、酸素系漂白剤やクリームクレンザーを使いますので、換気扇を回して窓も開けて行うことです。