毎日使うキッチンの掃除のポイントは

キッチンは料理をする場所であるので、1日でも掃除をしないとシンクを中心にすぐに汚れてしまいます。衛生的にも良くないので、きれいな状態を保つことは大変大切なことです。
キッチンの中で一番使うシンクの掃除のポイントは、水垢をしっかりと取り排水溝の汚れを取り除くために、使った後は水分をふき取る、ということがあげられます。水分を取るだけでもステンレス部分は水垢が付かずきれいになるので、洗い物が終わったらいらない布でふき取るようにしましょう。
そして汚れに対してクレンザーなどを使用しスポンジでごしごしと洗うことが多いです。ですが、クレンザーは研磨剤でもあるので、ごしごし洗ってしまうとシンクに細かい傷ができてしまいます。汚れはこういった細かい傷の中に入りやすく掃除が難しくなってしまうので、クレンザーを使う時は水で泡立たせてからしばらく置き、汚れを浮き上がらせる感覚で優しくふき取ると良いでしょう。同じように良く落ちるメラニンスポンジも細かい傷がつきやすいです。力加減にはきをつけるようにしてください。

 
排水溝も掃除を少しさぼっただけでぬめりが生じてきます。ぬめりはブラシでもきれいになりますが、漂白剤を利用して除菌するとさっぱりします。なお、目に見える部分の排水溝はきれいにすることができますが、見えないパイプ部分はどうしてもきれいにすることはできません。1か月か2か月を目安にして、発泡する粒状の洗剤を用いてきれいにするようにします。

 
この他シンク掃除のポイントとしては、スポンジ置き場があげられます。スポンジ置き場はきれいに見えても意外と汚れていることが多いです。小さめのブラシを用いて細かい部分を洗うとすっきりしてきます。なおスポンジ置き場に酸性の洗剤を使用するときは、スポンジに洗剤が付かないように注意してください。食器の中には酸に弱いものもあります。
キッチンは毎日掃除をすることで汚れをためずにきれいな状態をキープすることができます。