毎日使うトイレの掃除のポイントは

家庭の中で毎日使うのはトイレです。トイレは使い方に気を付けていてもいつの間にか汚れている場所で、菌も多く存在しています。黄ばみや黒ずみは少し掃除をしなかっただけですぐについてしまうので、トイレの掃除のポイントを押さえて効率よく正しく行うことがとても大切になるのです。
まず最初に行う部分は便器です。便器の汚れる場所は中だけでなく、実は便器の周りもかなり汚れています。尿が飛び散ることが多く、ほこりもたまりやすいからです。ですので、まずは周りをトイレットペーパーに洗剤を吹き付けさっとふき取るようにしましょう。もちろんトイレットペーパーでなくて専用のふき取りクリーナーを使用しても良いです。
便器はふちが汚れやすいです。ふちはのぞき込まないと汚れがわからないため、トイレットペーパーに塩素系や酸性の洗剤を含ませたものをふちの部分にはり付け、数分放置をしてから水を流しましょう。流してみて汚れがまだある場合はこすり洗いをしてください。
その後、左右の壁を見てみます。壁は意外と尿がはねて汚れていることが多く、黄色く変色してしまっていることもあります。特に男性が多い家庭では汚れが顕著で、掃除を怠ると臭いの原因にもなります。そのため、トイレのふき取りクリーナーを用いて尿を取り除いていきますが、この時ごしごしふき取ってしまうと汚れを広げてしまう可能性もあります。叩く感じで汚れを落としていくと広がる心配もありませんし、壁紙を傷つけることもありません。
掃除の頻度は、壁が2日に1回、便器は3日に1回行うことがポイントです。壁はトイレ専用の使い捨てふき取りクリーナーを利用してさっと拭くと黄ばみになる可能性が低くなります。便器は使用頻度にもよりますが、3日に一度は除菌の意味も含めて少し強めの洗剤でこすり洗いをすると良いでしょう。汚れに気が付いた時に行っても良いのですが、黒ズミなどは落ちにくい汚れでもあるので時間がかかってしまいます。