汚れたらすぐにサッとキレイにするのがキッチン掃除のポイント

キッチン掃除のポイントは汚れを溜め込まないことであり、調理をしたらすぐにキレイにすることです。汚れやすい部分は比較的集中をしているので、それぞれに適した清掃で対処をします。換気必須の場所ですから、揚げ物や炒め物をする際にも換気扇はフル稼働です。レンジフードや換気扇清掃で手ごわいのは、なんといっても油汚れであり、ティッシュで拭くくらいでは落とせません。高い場所でありこまめな清掃は怠りがちなので、そのままにしてしまうこともしばしばです。

ところが時間が経過して硬く油が固まると、簡単には除去できなくなります。油をスッキリとしやすくするために、お湯で重曹を溶いた中へ浸け置きをして、たわしやスポンジで磨くのがポイントです。油汚れ用洗剤を、お湯で溶いた中へ浸けても構いません。クレンザーは油夜頃よく落としますが、レンジフードのハウジングに使うと傷をつけます。そのためレンジフードのハウジング清掃には、研磨剤不使用の洗剤を選ぶことです。

アルミ製のシロッコファンのレンジフードは、中性の洗剤を使いますが、アルカリ性の重曹だと腐食をすることがあります。高い位置ではありますができるだけ、加熱調理をしたらすぐに拭くなど習慣をつけると、ひどい汚れにはなりません。

高い温度の排気で付いた直ぐの油は、まだ硬くはなく柔軟な状態だからです。キッチンペーパーや水ぶきでも、冷える前なら落とすことができます。スイッチを切って換気扇掃除は行いますが、電気を使用することから電源を抜いて始めたほうが安心です。

キッチン粗相時のポイントは、汚れたらその場でサッとキレイにしてしまうことであり、汚れを無駄に溜めないようにします。後回しにするとどんな汚れも落としにくくなりますから、レンジ代などは特に、まだ余熱のあるうちに拭き取ることです。

落としにくい汚れも多いのがキッチンですが、手ごわい時には浮かせてから取ります。ぬるま湯と洗剤への浸け置きをすることで、スポンジやたわしで簡単に落としやすくするのも掃除のポイントです。