窓の掃除のポイントはどのようなことか

窓の掃除をするのは、だいたい年末の大掃除の時です。日常的に窓を掃除することはあまりなくいつの間にか汚れが付着してしまっていることも多いです。ですが、汚れた状態をそのままにしておくと、時間が経つにつれ汚れも落ちにくくなってくるので、2か月に1度は掃除を行った方が良いです。
窓をきれいにする場合、直接ガラスにクリーナーなどを吹き付けてしまうことがあります。ガラスクリーナーは汚れを落とすことができるのですが、きれいに拭きとらないと逆に白く線がつくなど見た目が大変悪くなります。このようなことを防ぐには、ポイントがあります。
ガラスクリーナーなどを使う時は、直接ガラスに吹き付けてはいけません。力が均一に入りませんし、液だれを起こして白い線がついてしまうからです。ポイントは布を十分に湿らせしっかりと絞り、その絞った布にスプレーを吹き付け窓を拭きます。布に洗剤が付いているので、まんべんなく拭くことができます。汚れを浮き上がらせる、という感覚で行うと良いでしょう。
もう一つのポイントは掃除をする時間です。家族が学校や会社に行ったあと行うことが多いですが、10時を過ぎると次第に気温があがり、窓の温度もあがってしまいます。そうすると拭き掃除をしたところから乾いていき、浮き上がらせ田汚れが再び窓に付着してしまいます。ですので、朝か夕方の空気が湿っていて気温があまり上がらない時間帯に行うようにします。前日に雨が降った日に行うとさらに良いでしょう。
そして窓を拭くときはいつも同じ方向からふき取るようにするときれいになります。ワイパーのように動かしてしまうと動かした形に白い線が残ってしまいきれいになりません。上から下へ拭いたら、再び上から下へふき取ります。
なお、窓を掃除するときに新聞紙を使用するときれいにすることができます。新聞紙はインクが使用されており、そのインクの成分が汚れを浮き上がらせるからです。新聞紙がある場合はボール状にしてふき取ると良いでしょう。