窓掃除のポイントをご紹介

台風の後などに汚れが気になってしまう部分と言えば、窓の汚れですよね。しかしながら、窓掃除は働く女性にとってとても面倒で重労働だと考えている人も多いのではないでしょうか。そこでこちらでは、少しでもそんな面倒な窓掃除が快適で楽ちんにできるポイントをご紹介していきます。
まず窓掃除を行う前に用意してもらいたい便利グッズが、新聞紙と窓用洗剤と水切りワイパーとフローリング用のクイックルワイパーの4点です。これまで捨てていた読み終わった新聞紙も、お掃除の分はとっておくようにしてくださいね。専用の洗剤やフローリング用のクイックルワイパーは薬局やスーパーなどで手軽に購入することができます。また専用のワイパーは、インターネットやホームセンター、100円ショップなどでも購入することができますよ。この4点が準備できたら、まずはじめにフローリング用のクイックルワイパーを使って一気に網戸を汚れを拭き取っていきます。簡単に汚れがごっそり落ちるので、とても気持ちが良いはずです。そして次の手順としては、専用の洗剤を全体に吹きかけて専用の水切りワイパーで汚れと水分を落としていきましょう。専用の水切りワイパーを使っても、洗剤跡が残ってしまうことが多いので、最後の仕上げとして新聞紙が登場します。新聞紙で窓を拭くと、新聞紙の成分が水滴を綺麗に拭き取ることができるので優れものです。もちろんインクなどがつくこともありませんが、あまりにも水分量が多いと窓に新聞紙が貼りついてしまうことがあるので、事前に専用のワイパーである程度の水分は事前に取り除いておくことがポイントになります。
以上の便利グッズと手順を自分の中でマニュアル化してしまうと、初動も楽ちんで比較的簡単に汚れを落とすことができるのでおすすめですよ。こちらで紹介したグッズはどれも高額なグッズではなくリーズナブルに揃えることができるので、是非一度気軽に試してみてくださいね。